未分類

LPtools

投稿日:

LPtools

書道でも練習のときはお手本を見て書くように、「型」というのはとても大事です。売れるLPのお手本が目の前にあって、しかも同じ「LPtools」で作られているというのは、めったにないチャンスだと思いますよ。

鬼推しのLP制作ツール「LPtools」のメリットについて、あまり知られていないことをお伝えします。

ただ、カラフルはそれ自体がWordPressテーマのひとつに分類されます。LPtoolsとカラフル両立を試してみましたが、現時点では排他的な構造のようでうまく両立できておりませんが、進展があればまたご報告致します。

▶︎【LPtools】ランディングページ制作初心者でも簡単に売れるテンプレートの実態とは?

どれも『LPtools』の素材を作成したWebデザイナーさんが手がけられたLPばかりです。

『LPtools』は、マニュアルがなくても3ステップで直感的に操作してLPがつくれます。それでも、実際の使い方を見たほうがより理解しやすいと思います。

こんな風にLPtoolsは、LP制作で「カンタン」「キレイ」「早い」が実現します。

因みに、LPtools専用のブロック機能もCTWというグループ名で表示されます。

WordPressのテンプレートを使いランディングページ(LP)を作ろう、とあなたが検討しているのであれば、Catch the Webが開発したLP制作ツールの「LPtools」を導入してください。

・3/31までにLPtoolsをお申込みの方へは、特別特典として 『LPライティング6 CORE(簡易版)』(注*)を追加でご提供します。

LPtoolsはどちらかというとダイナミック、直線的なデザイン志向かな、と。そこにACTIONでの柔らかい、優しさという表現が加味できています。

はい、この状態でLPtoolsでLPを作るために、LPtools固有のブロック機能を利用でき、且つWordPressテーマ(この例ではACTION)のブロック機能も利用可能です。

なお、WordPressテーマによっては独自のブロック機能は特に用意されていません。この場合は、Wordpress標準で用意されているブロック機能とLPtoolsのブロック機能が使えます。

LPtoolsをプラグインからインストールしても、それだけでは動きません。

この図のように、「LPを作るとき、LPtools以外のブロック機能も表示する」にチェックを入れます。

-未分類
-

Copyright© ワードプレスでサイトを作ってるとデザインが思うようにいかない?テーマやプラグインを変更してもプロのデザイナーさんのようには出来ない? , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.