未分類

ワードプレス ログイン履歴

更新日:

ワードプレス ログイン履歴

必ずログアウトするのが難しい場合には、WordPressの管理画面へアクセスするIPアドレスを固定化することでも同様の効果がありますが、これは実現が難しいかと思います。

WordPressでセキュリティを高めるプラグインを入れすぎて、管理者本人なのに、サイトにログイン出来なくなってしまっては本末転倒なので、セキュリティ対策向けWordPressプラグインを使うならどれかに絞ったほうが良いでしょう。

【NoCode ノーコード】プログラミングなしでアプリ開発!?

ブルートフォース攻撃、パスワードリスト攻撃など、WordPressの管理画面に不正にログインを試みる攻撃や、コメントスパムを受けにくくするための機能が搭載されています。

フェールワンスを有効にすると、正しいログイン情報を入力しても、1回だけログインが失敗します。

「SiteGuard WP Plugin」の機能を活用してログインエラーの履歴を定期的に確認しましょう。

不正ログインに限らず、WordPress・プラグインを最新バージョンに保つということはセキュリティ対策の基本です。特にセキュリティに関するアップデートが行われた際は、早急にバージョンアップを行いましょう。

管理者に気づかれずサイトに不正ログインし、重要な情報を盗み出したり、訪問者をフィッシングサイトやスパムサイトへの誘導を行うためのコードを設置する・・・。

それでは、ここからは実際に不正ログインの方法と手順について解説していきます。

例えば、「ログイン履歴」に不正なログインエラーの記録が多数残っている場合に役に立つ機能です。1回目の入力が常にエラーを返すので、不正ログインを試す攻撃を防ぐ効果があります。

「自分のサイトは大丈夫」などと、軽く考えず、しっかりと不正ログインへの対策を行いましょう。

ログイン状態が保存されているように見えますが、実はこれは見かけ上のもの。
ブラウザ上に入力したID・パスワードが保存されており、アクセスする度にその情報が自動的に送信されるのでログイン状態が継続しているように見えるのです。

よくパスワードとして使用される文字列やユーザー名などから、パスワードとして予測される文字列をリスト化し、それを順に試していくというものです。確度の高い情報があれば、ブルートフォースよりも短時間でログイン認証を突破することができます。「qwerasdf」や「password」等、使用されやすいパスワードはリストにまとめられているため、高確率で突破されます。

画像認証で表示される文字は毎回変わりますので、この画像認証によってコンピュータによる不正ログインはより難しくなります。

新しく設定されたURLをメモするか、自身でログインページ名を設定してそのURLを記録します。

-未分類
-,

Copyright© ワードプレスでサイトを作ってるとデザインが思うようにいかない?テーマやプラグインを変更してもプロのデザイナーさんのようには出来ない? , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.